ホーム ウルトラがいちゅう大百科 蚊を侮ることなかれ チクングニア熱

中央研究所レポート 蚊が媒介する病気を予防するために 蚊を侮ることなかれ

講義2-4 チクングニア熱

媒介するのは、なんと日本と同じ蚊

最近では2005年にインド洋のコモロ諸島で流行がおこり、その後モーリシャスを初めとした島国への流行の拡大が報告されました。特にレユニオン島での流行では、2005年の3月から2006年の2月までの期間に、15万人以上の患者が発生し、死者237人が報告されています。この時は、日本にも生息するヒトスジシマカが主に媒介していました。2006年にはインドやスリランカでも流行が報告されています。また、2007年7月からイタリアでも、ヒトスジシマカによる国内流行が発生しています。

思わず折りたたみたくなるくらい痛い!?

チクングニアの名前は、スワヒリ語の「折り曲げる(that which bends up)」に由来しています。感染すると、主に急性の発熱と関節痛の症状で発症します。患者が痛みのために苦しむ様子から名づけられたと言われています。

※チクングンヤ、チクングニヤと表記する場合もあります。
詳しくは
「国立感染症研究所 感染症情報センター」ホームページへ
http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

チクングニア熱に特効薬はありません。蚊に差されない工夫をすることが一番の予防策ですね。
TOPへ

page top

ムヌヨ゙ ケイ コォケ ナキテタ ヤレマ゚_ハ跏テ1メサ20ネォホトヤトカチ_サニ ノォ ウノ ネヒミ。ヒオヘユセハモニオ_ホレソヒタシテタナョナィテォBBW